teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: ????????

 投稿者:??????????  投稿日:2015年 5月 5日(火)23時44分4秒
返信・引用
  > No.428[元記事へ]

???????????????????????????????????
 
 

Re: ????????

 投稿者:??????????  投稿日:2015年 5月 5日(火)23時41分57秒
返信・引用
  > No.428[元記事へ]

Ginger@?????????????

> ????????????????????????????
> ??????????????????????????????????????
> ??????????????????????????????????
> ??????????????????
> ?????????????????????????????
> ???????????????????
>
> ????????????????????????????
> ???????????????????????
> ???????????????????????????????
> ???????????????????????
> ??????”??”????????
> ???????????????????
> ???????????????
> ???????????????????
>
> ??????????????????????????
> ?
 

この前みつけた鳥居

 投稿者:なると4  投稿日:2013年 4月23日(火)01時14分9秒
返信・引用
  4/10に見つけた木製の鳥居 3点です。

①熊鷹稲荷大明神(徳島県阿南市羽ノ浦町)
②水神社(徳島県阿南市上中町)
③水神社(徳島県阿南市下大野町)

①は 額束が無いので「逆鹿島鳥居」でしょうか。
②は 一応 笠木と島木らしきものがあるので「明神鳥居」でしょうか。
③は 写真に額束は写っていませんが「宗忠鳥居」でしょうか。
 

この鳥居は?

 投稿者:なると4  投稿日:2013年 3月31日(日)21時45分55秒
返信・引用 編集済
  暫く仕事が忙しく出歩く事ができませんでしたが、最近仕事も一段落しやっと撮影に行くことができるようになりました。
さっそくですがこんな鳥居を見つけました。
形状は「八幡鳥居」だと思うのですが島木が無いんですね。
上部を覆っている金属板が島木に見えなくもないんですが、Gingerさんのご意見お願いします。

土屋大明神(徳島県阿南市羽ノ浦町岩脇神代地)
 
    (re:) 

こんばんは、なると4さん。
これはまた珍しいですね。

鳥居研究家により。意見は分かれるかもしれませんが、
根岸榮隆氏の『鳥居の研究』では、伊勢形神明鳥居のヌキが柱を貫いている物として
「伊勢形変形(伊勢形神明鳥居の変形版)」と紹介されています。
『鳥居の研究』には「シルエットは悪くないが写真の鳥居はコンクリート製で趣が無くて残念」的な事が書かれていましたが、
投稿いただいた鳥居は木製で趣が有り、その点、本で紹介されているものよりも良いですね。
私も好きなタイプの形です。

いつも珍しい鳥居を投稿していただき、ありがとうございます。

 

あけましておめでとうございます

 投稿者:Ginger@管理人  投稿日:2013年 1月 1日(火)16時35分0秒
返信・引用
  今年もよろしくお願いいたします。
皆さまの一年がよいものになりますように。

初詣や帰省や旅行のおりに、鳥居を見かけましたら投稿いただけると幸いです。

今からアルゼンチンへ旅立ちます。
北のイグアスの滝から南の氷河湖までを見て回る予定です。
鳥居もあるといいのですけれど。
 

巨神兵現る

 投稿者:RURIBO  投稿日:2012年 7月25日(水)15時48分32秒
返信・引用 編集済
  お久しぶりです。お元気ですか?

さて
自慢したくてお邪魔しました(^_^)b
今、東京でやってる特撮博物館会場限定のガチャのひとつです。
¥2000使って、3種類のうち2個がダブり。結局これが出ずオークションで落としました。
展示の数々、十分堪能しました。とても見応えがあります。
残念ながら会場は東京だけで巡回は無いみたいですが、
もし、興味があって東京にお越しの節にはお声をお掛け下さい。

宮島の弥山登られました?
巨石群 素晴らしかったでしょう。
以前訪れた際は、写真がフィルムだったので、もう一回デジカメで撮影してみたい山のひとつです。


http://blog.goo.ne.jp/ruribo0209/

 
    (re:) 
こんにちは瑠璃坊さん。
特撮博物館ですか!
わたしも期間中何とか行きたいと思っているのですがなかなか・・・
田舎暮らしはこういうとき不便です。

鳥居と巨神兵のヴィネットいいですね。
これは確かにうらやましいです。
オクで探そうかな。

弥山良かったですよ。
山頂の巨石群もですが公園側からの登山道に見られる原生林とその中に埋もれている巨石も。
登りは中央の寺の裏からの登山道を選びました。
短くお手軽でこちらを選ぶ人が多いようですが、
こちらは整備されすぎていて高層ビルの階段を延々登り続けているような味気無さでした。
紅葉の季節にまた行って見たいものですね。

 

鳥居二種

 投稿者:なると4  投稿日:2012年 6月17日(日)22時41分28秒
返信・引用 編集済
  2ケ月ぶりの投稿です。

多祁御奈刀弥神社 (徳島県 名西郡石井町 浦庄字諏訪)
天保11年建立の鳥居ですが、笠木から貫に金具を掛けて補強しています。
柱の内側の貫は新し物と交換されているようです。
古い鳥居を大切にしている事が伺えます。

八坂神社の境内社(鎮守) (徳島県 名西郡石井町 浦庄字下浦)
これは鳥居とは言えませんね(笑
 
    (re:) 

下の鳥居、かわいらしいですね。
流石に鳥居とは呼べませんが、こうした鳥居型の鉄片にもこれはこれで何か名前があるのかもしれませんね

 

鳥居のモデリング

 投稿者:sherry  投稿日:2012年 5月29日(火)13時31分54秒
返信・引用
  Ginger さん おひさしぶりです
目標を達成して、自慢にきました^0^
http://blogs.yahoo.co.jp/zan57573/36740334.html
次は石燈籠にチャレンジしようと思う~
 
    (re:) 
こんにちはsherryさん。
sherryさんのサイトを見てきました。
多才な勉強家でいらっしゃる。
3DCGは色々な角度から構造を確認できるのが利点ですね。
うちでもやってみたいです。

実は知人に作ってもらって準備はできているのですが...

 

ご注意を。宮島の大鳥居修復中

 投稿者:Ginger@管理人  投稿日:2012年 5月13日(日)23時06分30秒
返信・引用
  広島の宮島に行って来ました。
今回の目的は鳥居の取材ではなく、登山だったのですが、行ってみてビックリ、シンボルとも言える厳島神社の大両部鳥居が修復中で見れませんでした。
平清盛ブームの中、訪れた方にはガッカリな状態です。
今後観光を予定されている方は要確認です。

どうしてこのタイミングでするのでしょうか。
遠くから来られた方、特に外国人観光客にはなんだか申し訳ない気持ちがしました。
ギザのピラミッドを見に行ったらスフィンクスが修復中で見れなかった、そんな感じです。
 

鳥居の乗せ石

 投稿者:Ginger@管理人  投稿日:2012年 4月28日(土)08時22分48秒
返信・引用 編集済
  とても大きな石を乗せられた鳥居を見かけたので紹介いたします。
山口県下松市の笠戸島への橋の手前にある神社。
鳥居のヌキや笠木の上に願掛けや遊びで小石が乗せられているのは珍しい事ではありませんが、
ここまでの大きさの物はなかなか見れません。
30センチ四方で厚さが20センチといったところ。
いったい何キロあるのでしょうか。またそんなものをどうやって乗せたのでしょうか。
数人がかりでの手のこんだ悪戯か。
個人的には乗せ石は鳥居を傷つけ美観を損ね、かつ危ないので嫌い(庶民的な風俗・風習として黙認というスタンス)なのですが、
ここまでのブツだとつい撮っちゃいますね。

これより大きな石を乗せられている鳥居が日本の何処かにはまだまだあるのでしょうか。
 

恋木鳥居

 投稿者:Ginger@管理人  投稿日:2012年 4月28日(土)06時13分40秒
返信・引用
  読者さんから珍しい鳥居の投稿が有りましたので紹介いたします。
福岡県筑後市にある恋木神社の鳥居とのこと。

イロモノではありますが、なかなかの完成度。
鳥居本体もうっすらピンクがかってみえますが、桃色の御影石でしょうか。
取材に行きたいものです。
 

春の鳥居

 投稿者:なると4  投稿日:2012年 4月15日(日)23時06分16秒
返信・引用
  12月~3月は仕事が忙しく出かける事ができませんでした。(土日出勤もありました)
先日やっと土日に休みが取れたので久しぶりに何社か回ってきました。
その時の写真です、この時期にしか撮れない桜とのツーショットです。
 
    (re:) 
お忙しい中、投稿いただきありがとうございました。
鳥居に桜は絵になりますね。
以外といいシチュエーションやタイミングに出くわさなく、ウチには有りません(^^;
今年も撮り損ねてしまいました。
 

熊野十二柱神社

 投稿者:なると4  投稿日:2011年11月26日(土)01時04分6秒
返信・引用
  コンクリート製で台輪が四角です。
コンクリートの鳥居は始めてです。

徳島県三好市三野町加茂野
http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E133.59.33.499N34.2.55.365&ZM=9&W=0
 
    (re:) 
いつも投稿いただきありがとうございます。

コンクリート製の鳥居自体はそれほどレアでもないですが、
四角い台輪とは珍しい。
単に制作上の都合とは思いますが面白いですね(^^
 

勝浦町の鳥居

 投稿者:なると4  投稿日:2011年11月19日(土)22時27分47秒
返信・引用
  今月は、徳島県勝浦郡勝浦町に行ってきました。
このとき出会った鳥居です。
①蛭子神社
  こんなネジレた原木を使った鳥居は始めてです。
②八幡神社
  ここには5本の鳥居がありますが、すべて写真のように柱の中間あたりに注連縄が掛かっていました。
③大将軍神社
  正月に家に飾ってあるような注連縄でした。
 
    (re:) 

?わたしもこんな捩れた笠木ははじめて見ました。
味わいがありますね。

?この縄は鳥居をくぐる際に邪魔になるような高さに張ってあるのでしょうか。
これもはじめてです。どんな意味があるのでしょうね。
 

美波町の鳥居

 投稿者:なると4  投稿日:2011年10月20日(木)23時44分17秒
返信・引用 編集済
  先日(10/16)徳島県南部の美波町へ行ってきました。
この時に出会った鳥居です。
①日和佐八幡神社
  石造りの「神明鳥居」八幡神社にあるのは珍しいのでは?
②初音湯という元銭湯内
  小さな神社(神殿)の明神鳥居です。……今までに見た中で最少です。
 
    (re:) 
いつも投稿いただきありがとうございます。

上の画像の額が面白いですね。
ちょこんとちいさな注連飾りがついています。
ああした付き方をしているのは見た覚えがありません。
 

金比羅神社の鳥居

 投稿者:なると4  投稿日:2011年 9月19日(月)21時18分44秒
返信・引用 編集済
  平見神社からの帰りに見つけた鳥居です。
特に珍しい形状ではありませんが、笠木と島木が新しく、貫や柱は元のまま(たぶん)の新旧の部材が混在しています。
笠木が折れてしまったのかもしてませんネ。

住吉神社の境内社(金比羅神社)
文政13年建立
場所:兵庫県洲本市五色町都志

http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E134.47.13.810N34.24.35.110

 
    (re:) 
ときどきみかけますね。こういう鳥居。
元のパーツをできるだけ活かそうという姿勢に好感が持てます。

単に予算の関係かもしれませんが。
 

「贔屓鳥居」見てきました。

 投稿者:なると4  投稿日:2011年 9月19日(月)20時53分18秒
返信・引用
  尼崎に用事がありましたので、帰りに平見神社に寄ってきました。
やはり通り過ぎてしまいました。(笑
亀さんちゃんと阿吽していました。
鳥居には(元禄6年)と刻まれていました。

撮影した写真は、Picasaにアップしてあるのでご自由にお使い下さい。

https://picasaweb.google.com/naruto04/OvUcOI?authuser=0&feat=directlink

 
    (re:) 
画像、頂ました。
ありがとうございました。
 

Re: 贔屓鳥居追跡調査

 投稿者:なると4  投稿日:2011年 8月 1日(月)19時43分32秒
返信・引用
  > No.428[元記事へ]

管理人さんへ

この神社はどの辺にあるのでしょうか?
訪問してみたいので場所教えて下さい。
よろしくお願いいたします。
 
    (re:) 
平見神社といいます。
住所は兵庫県淡路市江井2586となっていました。
一応看板が出ているのですが、いきなり現れるのでナビを見ていても行き過ぎてしまうかもしれません。
入り口は急な上り坂になっています。

もののついでで寄ったため、デジカメを持っておらずケータイでの撮影となりました。
日も暮れていたためにあまりよい画質の写真が取れませんでした。
取材の折に画像を送っていただけると幸せます。
 

贔屓鳥居追跡調査

 投稿者:Ginger@管理人  投稿日:2011年 7月11日(月)01時01分27秒
返信・引用 編集済
  4年前、読者から淡路島にある珍しい鳥居が投稿されました。
鳥居の柱の根元のまんじゅうとか亀腹と呼ばれる部位がまんま亀の形をした鳥居で、
他に掲載・命名された様子が無いことから当サイトでは亀の部位に注目して
贔屓鳥居と名づけて紹介していました。
このたび、淡路に行く機会を得たのでその神社を訪問したところ
新しい発見があったので紹介いたします。

特徴的な亀を模した亀腹ですが、しゃがんでよく顔を見ると、
なんと、左右それぞれが阿吽となっておりました。
配置も狛犬に習ったもので、意図して建てられた事がうかがえます。
つまりこの亀は鳥居を支える亀腹であるとともに、
世にも珍しい”狛亀”でもあったのです
なんと働き者の亀であることでしょうか。
昔の人の遊び心に感服しました。
時を越えて作者と語り合いたいものです。

「あんたの想いは未来にもちゃんと伝わっているよ」と。
 
 

山中の鳥居

 投稿者:なると4  投稿日:2011年 7月 8日(金)00時11分11秒
返信・引用 編集済
  先日海陽町であったウオーキング大会の帰りに付近の林道を車で走っていたときに遭遇しました。
現場では八幡鳥居かと思ったのですが、帰ってから写真を見ると笠木と島木の両端にそりがあり島木の端も斜めになっているので、明神鳥居ですネ。

徳島県海部郡海陽町の玉笠明神社
地図 http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E134.20.52.818N33.40.46.829&ZM=9
 
    (re:) 

いつも投稿ありがとうございます。
笠置が黒で他が朱塗りというカラーリングはよくみかけますが、
この写真のように笠木が黒で他が木肌というのはちょっと珍しいですね。
 

レンタル掲示板
/9