teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


どうしょう会

 投稿者:管理人メール  投稿日:2011年 5月28日(土)05時27分16秒
編集済
  6月18日(土)の同窓会ですが、欠席以外の方にはメールまたははがきを出しています。
人数の把握をしたいので、出欠回答がまだの方、今後の連絡もありますので
ご返信をお願いします。

急で申し訳ありませんが
6月1日 までにお願いします。
 
 

同窓会「どうしょう会」案内

 投稿者:末田弥生メール  投稿日:2011年 4月20日(水)02時34分54秒
  長良中学3年11組「どうしょう会」のご案内

拝啓、4月に入り暖かさが増してきましたが、東日本大震災の影響が
出ている方もあるかと思います。皆様いかがお過ごしでしょうか?
 しばらくご無沙汰でしたが、同窓会を開きたいと思います。
 急なことで申し訳ありませんが、場所等は人数によって決めたいと
思いますので、ご回答の程よろしくお願いします。
また、2年後以降には早めに案内の上、開催予定です。その時のため
にも、消息確認のご協力をお願いします。             かしこ


日時 2011年 6月18日(土)18:00頃~
場所 未定  岐阜駅から名鉄岐阜駅(新岐阜)近辺
予算 5000円くらいかな・・・当日人数割り

1.出席、2.欠席、3.行けそうだけど、近くにならないとわからない。
以上3つのうちでご回答をお願いします。

締め切り 4月30日    (開催が中止になる場合もあります)

欠席以外の方には後日場所等の案内を出します。
住所等のデータが2002年のものです。他の人の消息をご存知の方
は、お互いに連絡を取り合っていただけると助かります。

ご回答メールは投稿者をクリックしてください。

よろしくお願いします。
 

整理しました

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 6月 6日(水)00時03分33秒
  掲示板を整理しました。
堂前先生のカキコは投稿日時とともに転記しました。
 

訃報

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 6月 5日(火)01時05分45秒
編集済
  投稿日:2005年 7月 8日(金)15時58分38秒

ご存知の方もあるかと思いますが、
堂前先生が6月28日に亡くなられました。
「葬儀は密葬で」とのご本人のご希望で済まされたそうです。
ご冥福をお祈りします。
 

台風23号被害はなかったかな

 投稿者:Doumae  投稿日:2007年 6月 5日(火)01時04分37秒
  投稿日:2004年10月25日(月)13時56分25秒

 台風23号は岐阜県を横断して、県内各地に大きな被害を残したようです。
 長良地区の見覚えのある風景が、濁流で押し流されそうになっている画面にショックを受けました。みんなのところは被害はなかったかな。
 私の場合は、今、住んでいる鵜沼は被害もなく良かったけれども、私が生まれ育った故郷である、飛騨市宮川町打保(旧宮川村打保)地区は大きな被害を受けたようです。JR高山線は、土砂崩れや、線路の崩落でズタズタになってしまったということです。国道360号線も各地で寸断されてしまい、通行不能になり、唯一、狭い林道が1本だけ通行可能で、かろうじて生活必需品の搬送が行われているようです。復旧の見通しなどまったく見当もつかない現状だそうです。
 打保には、私の姉夫婦が住んでおり、電話もつながらなくて心配していましたが、臨時の衛星電話が開通したので、安全確認だけはできホッとしたところです。
 直後には電話が不通になったので、安否の確認はできなかったのですが、飛騨市のHPで災害対策本部が災害状況の写真などを公開していました。また、情報確認用の掲示板も開設されており、現地の情報を知る手がかりになりました。「こうした災害時には、携帯電話とかインターネットとかのデジタル機器は威力を発揮するな。」などと妙なところで感心しています。
 テレビを入れてみると、何所のチャンネルでも「新潟県中越地震」の被害についての報道がされているし、なんだか列島全体が大きな被害を受け、「日本列島沈没」が始まるのではないかと心配になります。
 と、心配する一方で、今日も、我が家では孫たちの騒がしい声が響いています。テレビの画面と同じ国とは思えないような、平和な日常生活が続いています。ちょっと複雑な心境になっています。
 

みんな元気かね

 投稿者:Doumae  投稿日:2007年 6月 5日(火)01時03分3秒
  投稿日:2004年10月11日(月)14時44分1秒

 台風23号は岐阜県を横断して、県内各地に大きな被害を残したようです。
 長良地区の見覚えのある風景が、濁流で押し流されそうになっている画面にショックを受けました。みんなのところは被害はなかったかな。
 私の場合は、今、住んでいる鵜沼は被害もなく良かったけれども、私が生まれ育った故郷である、飛騨市宮川町打保(旧宮川村打保)地区は大きな被害を受けたようです。JR高山線は、土砂崩れや、線路の崩落でズタズタになってしまったということです。国道360号線も各地で寸断されてしまい、通行不能になり、唯一、狭い林道が1本だけ通行可能で、かろうじて生活必需品の搬送が行われているようです。復旧の見通しなどまったく見当もつかない現状だそうです。
 打保には、私の姉夫婦が住んでおり、電話もつながらなくて心配していましたが、臨時の衛星電話が開通したので、安全確認だけはできホッとしたところです。
 直後には電話が不通になったので、安否の確認はできなかったのですが、飛騨市のHPで災害対策本部が災害状況の写真などを公開していました。また、情報確認用の掲示板も開設されており、現地の情報を知る手がかりになりました。「こうした災害時には、携帯電話とかインターネットとかのデジタル機器は威力を発揮するな。」などと妙なところで感心しています。
 テレビを入れてみると、何所のチャンネルでも「新潟県中越地震」の被害についての報道がされているし、なんだか列島全体が大きな被害を受け、「日本列島沈没」が始まるのではないかと心配になります。
 と、心配する一方で、今日も、我が家では孫たちの騒がしい声が響いています。テレビの画面と同じ国とは思えないような、平和な日常生活が続いています。ちょっと複雑な心境になっています。
 

残暑見舞い

 投稿者:Doumae  投稿日:2007年 6月 5日(火)01時02分0秒
  投稿日:2004年 8月 9日(月)12時05分12秒

残暑お見舞い申し上げます。
 立秋を過ぎ、暦も上では秋になりましたが、相変わらず暑い毎日が続いていますね。とにかく今年の夏は「暑い!暑い!!」毎日。この暑さの中、現役の諸君は、厳しい仕事の毎日でしょうね。ご苦労さんです。私は相変わらずの生活です。
 さて、昨日はものすごい雷でした。あまりすごいので落雷を心配して、テレビのコンセントを抜いたところに、近くに落雷があったらしく、「バシッ」という大きな音でびっくりしました。というのは、オリンピックが始まるので、国民運動のひとつである「DVDレコーダー」を買ったばかりだったのです。「やられたかな?」と心配したのですが、幸いDVDレコーダーの方は無事でほっとしました。ところが、よく調べてみると、もう一つのテレビにセットしていたVTRデッキがやられていました。これは娘のお下がりで、相当に使い込んだデッキで、リモコンがいかれてきていたので、買い換えるきっかけになりました。が、雷でやられたなんていやですよね。それから、デッキに入っていたテープを取り出すのに苦労しました。以前にも、雷のためにテレビデオがだめになったことがあったのです。これで2度目になります。とにかくすごい雷でしたね。近くのみなさんの電気製品は大丈夫だったですか?
 さて、サッカーのアジアカップ観ましたか。私は、予選から観ていましたが、中国のサポーターの、日本チームに対するブーイングは頭にきましたね。スポーツの応援というのは、基本的には自分の応援するチームを応援するのであって、対戦相手をぼろくそにけなしたり、ブーイングで威嚇することではありませんね。特に、ホームゲームの場合は自国のチームの応援はいいのですが、相手チームに圧力をかけるような応援をしてはならないのですね。こういうことが守られないのは、スポーツ文化の貧困さを物語っていることになりますよね。そうした激しいブーイングの中で、日本はアジアチャンピオン連覇です。私のような古いサッカーファンにとっては、サッカーでアジアのチャンピオンになるのは、しかも、連覇するなどということは、以前は考えられなかったことなんですよね。これまでは弱かったからね。韓国やサウジアラビアの壁を越えられない時期が長かったからね。しかも、こんどのチームはヨーロッパ組みが中村俊介一人という状況での勝利だから格別ですよね。サッカーの底辺の広さが証明されたということです。
 さて、こんどはオリンピックですね。期待する種目は何ですか?
 私は、やはりサッカーですね。サッカーは優勝はちょっと無理かな?といったところですが、何処までやれるか楽しみにしています。
 体操は期待できると思いますよ。男子の体操は昔は日本のお家芸でしたからね。しかし、長い間低迷が続いていましたが、今、活躍している選手たちは、子どもの頃から基本をしっかり育てられてきた選手たちなんだそうですね。ロシア方式で育てられてきた若者たちです。しっかりした基本ができていますから、難しい技よりも、確実な技を正確に美しく演技することが中心になってきているのだそうです。特に、着地が注目ですね。
 女子のレスリングは金メダルラッシュになると思います。世界と比べても日本の力は群を抜いていますからね。
 野球もあります。初めてのプロだけのチームです。しかし、国内ではリーグ戦が続いているために、各チーム二人だけというナショナルチームになっています。これは、プロ野球界、特にオーナーたちのアマチュア軽視の表われだと思います。こういうことをやっているから野球の人気が落ちていくのだと思いますね。「野球ファンがどんな思いでオリンピックの野球を観るのか」ということについて考えたら、こういう仕打ちはできないと思いますね。特に、小さな子どもたちが、バットやグローブを持って学校のグランドに来ることがなくなってきていますからね。みんなサッカーボールを持ってきて蹴っているという現実を、オーナーたいは知っているのですかね。この際、リーグ戦は休んで、国を挙げてオリンピックの応援をすることが、野球の人気を高めるのだと思います。
 柔道は期待できますが、やわらちゃんはどうでしょうかね。けがで練習不足ですから心配ですね。
 そうそう、ソフトボールも見たいですね。上野投手の活躍を期待しています。
 陸上では、ハンマー投げの室伏選手の金メダルを期待しています。また、マラソンでは、岐阜出身の高橋尚子選手が出場しないのが残念ですが、野口みずき選手に期待しています。
 と、長々と書いてしまいましたが、とにかく、スポーツ観戦の2週間ということになりそうです。(いつもテレビの世話になっているのですが)楽しみましょう。
 

あっちーねー

 投稿者:Doumae  投稿日:2007年 6月 5日(火)01時00分38秒
  投稿日:2004年 7月 6日(火)14時34分2秒

今年はえらい早い台風とか、真夏日とかあって、体調を維持するのが難しい天候が続きますね。そうそう、台風は問題なかったかね。久しぶりに台風らしい風だったね。各地で大きな被害が出ていたようですね。我が家付近は雨の影響は少ないので、風の被害が心配だったけど、おかげさまで少しの雨漏り程度で済みました。

 しばらく投稿もサボってしまっていたけど、現役の諸君は、それぞれ元気に過ごしているようでなによりだね。FUGUさんは子ども劇場かね。いいね。
 私はというと、元気にしているっていうか、何とか生きているっていうか、家にこもってパソコン三昧といった、そんな毎日を過ごしています。おかげさまで、このところ痛いところも出ていないので助かっています。
 話は変わりますが、今年は申年だけど、我が家は、このところ出産ラッシュが続いています。現在のところ、孫が2人ですが、今年中に3人増えて5人になる予定です。家内も申年なので、まるで猿山のような我が家なんです。世間では少子化が叫ばれているこの頃ですが、私の身の回りでは少子化なんて信じられない現状です。総理大臣から表彰状をいただけそうな様子です。全員無事に生まれてきてくれることを祈っているところなんであります。
 しかし、この新しく生まれてくる子どもたちにとって、この国は住みにくくなってきているようで心配ですね。年金問題とか、多国籍軍とかいった政治や外交の問題も心配だけど、ほんとうに治安が悪くなってしまっているようだね。我が家の近辺でも、日中に留守にしていたところが、泥棒にやられたり、愛車が車上狙いにやられたりといった問題が多くなってきています。さらにさらに、おじいちゃんとしては、幼児虐待とか、小学生の殺人事件とか、ほんとうに信じられないような事件が多く起こっているようで気になります。
 最近では、佐世保で起こった殺人事件には驚きました。心理学専門の学者さんやマスコミ関係のみなさんは、少女の犯罪ということでいろいろと気を遣って報道していますね。その論評を見ていて気になることがあります。それは、少女の人権を守るためとか、二度とこうした犯罪を起こさないために、この犯罪から学ぶとかいうことを理由にして、犯罪が起こった原因を、インターネットの掲示板やメールのやりとりやアニメやゲームにあるかのごとき論評が多いことです。しかし、一番の原因は、犯罪を起こした本人にあるのです。こともあろうに、カッターナイフを準備し、特別室に呼び出して、友達だった少女の首を切るという行為は、少女であろうと原因が何であろうと、絶対に許されないことなのだということを、まずはっきりとしなければならないと思います。法の問題よりも先に、人間として許されない犯罪なのだということです。
 特に問題なのは、学校の対応が悪くて、保護者や子どもたちが不安になっているといったことを盛んに報道するマスコミの態度は、事件の本質を見失わせてしまうことになりかねないと思いますね。犯罪の本質とは別の問題ですからね。
 もちろん、少年法を改正して、罰を重くしたらいいと単純に思っているわけではないのですがね。被害者の立場への配慮もあって、犯罪そのものはもちろんのことですが、犯罪につながるような行為については、もっと厳しい取り締まりや指導が、社会全体としてなされなければならないのではないかと思います。(ちょっと力が入りすぎかな?)
 とまあ、毎日毎日テレビのお世話になっているものですから、どうしても情報がテレビの報道からだけになってしまうんでね。
 

春~っ

 投稿者:Doumae  投稿日:2007年 6月 5日(火)00時59分32秒
  投稿日:2004年 4月 8日(木)12時40分43秒

4/8〈木〉土手の桜が強い風で散り始めた。良い季節になったもんだ。ついこの間までストーブにかじりついていたのにね。

4月に入ったけど、異動などはなかったかな? 転居などはなかったかな?

初めて単身赴任を経験した時には、たった一人の暮らしも気楽でいいもんだ。などとはじめは思うだろうが、生活のリズムを乱すと、あっという間に歳をとってしまうことになるから要注意! いつまでも若くない。みんなもそういう年頃になってきたことを自覚せんとね。


自分のことで恐縮だが、3月は参ったね。腹痛で大げさに言えば、のたうちまわった。CT検査によると腎臓結石だそうである。
私の体は、いわゆる、骨粗鬆症というやつで、腎臓結石の痛みなどで体の部分に力が入らないようになると、これまであまり働いていなかった部分が動くので、あちこちの骨や筋肉が痛みだす。
一番厄介なのは寝ることである。体のあちこちが痛むので、一番痛まない体勢を探して寝るのだが、そうすると、今度は体のマットに当たる部分が痛くなってしまう。体勢を変えると背中や肋骨が痛みだす。といった具合で、3月中は痛みとの格闘が続き、寝不足も続いていた。昼間は眠いのだが、ベッドで横になって昼寝する気になれず、机にもたれたり、車椅子に座ったままで寝ていた。ようやく、痛みがなくなって、パソコンに久しぶりに向かっているところなのだ。
他人の痛みのことなんか聞きたくもないよね。でも、健康な諸君! 健康を当たり前のことと思ってはいかんぞな! 健康な体に感謝し、大事にせんといかんぞ!

お互いに、季節の変わり目だから体調を崩しやすいので気をつけよう。また、新しい年度の始まりだ! 新しい仕事や人との出会いなどストレスもたまりやすい時。大変だろうけど、あまりがんばり過ぎないように。
 

2月も残り少なくなりました

 投稿者:Doumae  投稿日:2007年 6月 5日(火)00時58分31秒
  投稿日:2004年 2月25日(水)13時51分48秒

今日は温かくなりましたね。今年2度目の春一番(?)が通り過ぎて、翌日の強い低気圧の通過では、北海道などにかなりの被害を出したようですが、みなさん問題なかったかな?
 春一番の後にやってくる強い北風のことを「春北風」とかいて、「はるきた」というのだそうです。(テレビで言ってたけども、聞いたことなかったね~)つまり、「春が来た」ということなのでしょうね。その通り、昨日、今日と4月初めのような温かい天気になりました。
 温かい天気に誘われて、久しぶりにテラスへ出て日光を浴びています。テラスには、私以外にも、今、満開のシクラメンとか、つぼみの膨らんだランたちが並んでいますが、やはり、太陽の恵みはいいと実感しますね。目にも良いし体にも良い。
 な~んて暢気なことをいっているのは私だけかな?
 現役の諸君は、年度末に向かう忙しい時期に来ていますね。中には、転勤の可能性のある人もいるかもしれませんね。のんびりシクラメンの鑑賞などしてはおられない現実があることと思います。本当にご苦労様です。
 ただ、忙しく働いているときこそ、充実感ややる気の出てくるときであることも事実です。忙しさを敵にしないで、できるだけ楽しく付き合うようにしてほしいものです。歌の文句じゃないですが、登り坂を登りきれば、峠の向こうには必ず降り坂がありますからね。
 話は変わって私自身のことになりますが、先日の、2月15日に二人目の孫が誕生しました。前の孫は、娘の子どもでしたので、名前が堂前ではありませんでしたが、今度は名前が堂前の孫の誕生です。長い間待ち続けた待望の孫なのです。おじいさんとしては、無事誕生してくれてうれしい限りなのです。先日、退院のときに始めてご対面となりました。ところが、前の娘の孫のときとは違った感情があって戸惑ってしまいました。
 同居していないこともありますし、父は自分の育てた子どもですが、生んでくれた母親は、自分たちが育てた子どもではありません。そのためか、堂前と名のつく孫ですが、なんとなく抱っこするのにも、遠慮というか気後れがあったのです。もちろん母親とは食事をしたり仲良くしてはいるんですが、やはり、自分の娘と同じというわけにはいかないようですね。
 今後時間がたつにつれて、自分たちの血を分けた孫だ、という実感が出てくることと思いますが、それにはかなり抱っこしたり、ミルクを与えたり、遊んだりとふれあいを深めていくことが必要になりそうです。あまり無理をして、「自分の孫」を強調しないほうがいいのかもしれませんね。
 みなさんの子どもさんたちは、すでに、大きくなっていることと思いますが、孫に対する気持ちというのは、なかなか複雑なところがありますね。
 とまあ、世間はイラク派遣だ、年金改革問題だ、とやかましいようですが、我が家ではそんな世の中から離れた、平和な仙人のような暮らしをしています。
 現役の諸君にはすまんことです。
 

レンタル掲示板
/2